フェイスリフトで上向き美人肌【重力に負けない肌改革】

予防をまず行うことが大事

鏡を見る女性

日常生活にダメージ

シミやしわと同様に見た目の年齢を上げてしまうものに顔のたるみがあります。肌の弾力が低下すると顔がたるんでしまいます。肌の弾力は、コラーゲンやヒアルロン酸、エスラチンなどの成分が維持しています。これらの美容成分が失われることで顔のたるみが発生するのです。失われる要因は日常生活の中に数多く潜んでいます。まず紫外線です。皮膚まで届く紫外線は、繊維芽細胞にダメージを与え、肌を維持するための機能を失わせてしまいます。そして肌の弾力が失われてしまうのです。また食生活によっても影響がでます。食生活バランスが狂うと繊維芽細胞に十分な栄養が行き渡らなくなります。そして肌は睡眠中に作られることが多いため睡眠不足も肌のたるみの要因となるのです。

感想も大敵です。角質層の水分保持力が低下し乾燥した状態になると、水分を十分に保てなくなり、肌に負担をかけてしまいます。また加齢によってヒアルロン酸の絶対量が減少することで肌のたるみの要因となるのです。紫外線対策や、生活バランス、睡眠不足の解消など生活習慣で改善することは可能ですが、加齢による顔のたるみをなくすことはできません。そのため生活習慣を保ったうえで、マッサージなどのケアを追加することが効果的です。たるみの予防こそできますが、回復させるには相当な努力が必要になります。肌を維持するために必要な成分を含んだサプリメントの摂取や食事の改善などを行うことをおすすめします。